保護活動

周南市野犬問題

保護が必要な実態

こんにちは。ブログ管理者のおじゃどです。

全国の方は?この周南市の野犬問題はご存知頂いてますか?

意外に知らないですよね?

テレビで少し前までは流れていたんですが、

やはり、意識してないものには

記憶には残りませんね。

今一度考えて!!

周南市の今の現状は、捕獲が進み

毎日かなりの犬・猫が捕獲をされています。

テレビで報道された、周南市緑地公園

以外にも、野犬がいるみたいですね。

増えた原因は「餌やり」と言われていますが、

そもそも、「餌やり」が原因の前に

そこの捨てた人間が問題でしょ??

そして、それを許している国の問題でしょ?

「餌やり」を今、禁止にしていますが、

今それをしてその後どうなりますか??

きっと犬達は餌を求めて、街に出かけ始めますよね??

二次被害がまた、起きませんか??

そして、悪いのは「野犬」と言うんでしょ??

違うでしょ??

それを許してきた、私たちが悪いんでしょ?

周南市の対応も憤りしか感じません。

もっと、前に対応していたらよかったんじゃない??

今いっても仕方ない。

今後、私たちが考えないといけないこと。

これ以上不幸な動物たちを作ってはいけないんです。

今いる動物たちをみんなで守って行くしか

命をつなぐ方法はないと思います。

一人の力なんて、ほんと微力だけど、

使い方間違っているかもしれないけど、

ちりも積もれば山となる。

小さな問題が、今回の野犬問題を作ったのであれば、

この小さな力を山にすれば、大きな力にかわり

守れるんじゃないですか??

もう、辞めましょう。

こんな世の中。

毎日・毎日・カウントダウンされる動物

首輪をつけた状態で、保健所に持ち込まれる動物

弱いものに対して、虐待。

こんな日本でいいんですか??

私は、絶対にいやです。

少子化で人口がどんどん減っていっている

日本に、今後今の子供達に全てを

渡すんですか?

命の大切さを子供に教えることできますか??

毎日・毎日

悲しい顔の動物たちをみて

本当に幸せですか??

※心が苦しい時だってある

※頑張っている時にどうしても結果が

出ない時だってありますよ!!

※死にたいって思うことだってありますよ!

私だってある。人が羨ましい時だってある。

自分がいやになる時だっていっぱいある。

けど、感情を表すことができ、

それを変えることができるのは人間だけです。

人間は一人でいくことはできません。

企業も個人も家族もみんな。

動物たちだって一緒です。

私は、声をあげます。

なぜなら、守る方法は

伝えていくことだと思うからです。

活動をして行くことだからです。

おじゃどfamilyは

「保護が必要のない世界」を目指して活動しています。

おじゃどfamily活動報告

私は、主に現在動物達と一緒に暮らしている

飼い主さん達との交流を深める活動をしています。

しかし、その活動の輪を広げていく中で、

この保護の問題に目が止まりました。

きっと、人間と人間が「絆」をしっかり

結ぶことができたら

「保護が必要のない世界」へと変わると思っています。

しかし、今、現在保護が必要な動物達はいます。

私が、守れる命はほんのひとにぎかもしれません。

しかし、その輪も広げることが出来たら、

きっとたくさんの命を守ることができると思っています。

ほんの少し、小さな力を貸してください。

その小さな力が、きっと変える一歩だと思っています。

おじゃどの思い。

正直、支援箱を作ることはかなり迷いました。

読んでくださる方にどう思われるかわからない不安でした。

活動は一人ではやっていけません。

「保護の必要がない世界」を作るためには、一人・一人の力を

借りるしかないと思いました。」

動物たちを守るため、

そして、私たちができることを少しづつ

一緒におこなっていきたいと思います。

おじゃどfamilyはこれからも、動物達が繋いでくれる

「絆」を大切に活動をおこなっていきます。

おじゃどfamilyの思いが多くの方に届き、

「保護が必要のない世界」へ変わってくれますように

おじゃどは、動く広告として

活動をしていきます。

おじゃどfamily 代表:おじゃどママ

ABOUT ME
Ozyadofamily
フレンチブルドック&シベリアンハスキーの多頭飼い中のおじゃどママです。 このブログでは、おじゃどファミリーの様々な道のりを一人でも多くの人に伝えていきたいと思い始めさせていただきました。自分が歩んだ道で、誰かのお役に立てたいいと思っております。 様々なご内容で発信していきますのでよろしくお願いいたします。